脳梗塞の症状が起きる前に前兆を知ろう~ササッと予防する~

医者

乳腺腫瘍のスクリーニング

看護師

乳がん検診は40才以上の女性が2年に一度受けることが勧められている検査です。検査の種類には、専門医による視触診・X線を使うマンモグラフィと超音波検査があります。それぞれの検査には利点と欠点があるため、被験者に応じて適した検査が組み合わせて実施されます。

詳しくはコチラ

脳に現れる病気

医者

脳梗塞とは、脳の血管が詰まって血流が止まってしまう病気なのです。栄養が行き渡らなくなり、脳が部分的に死んでしまう症状になるのです。それによって様々な後遺症を引き起こすことになるのです。脳梗塞を発症する前には、いくつかの前触れがあるので見落とさないようにすることが大切でしょう。兆候にいち早く気づくことで重症化を防ぐことができるのです。脳梗塞の前兆にはろれつが回らなくなる、片方の手足のしびれ、めまい、文字が思うように書けない、片方の目が見えなくなる、人の言うことがうまく理解できない、顔の歪みなどの症状が現れるようになるのです。これらの症状は通常20分〜30分で消えるのが特徴です。症状を放っておくと、3ヶ月以内に4〜20%の人が脳梗塞を発症させるのです。

高血圧、肥満、喫煙者、心房細動の人は脳梗塞を発症するリスクが高いと言えるでしょう。予防策には、規則正しい食事時間と栄養バランスを心がけることが大切です。コレステロールの多い食品、ジャンクフード、インスタント食品、塩分の多い食品、糖分の多い菓子類などは控えるようにするといいでしょう。青魚にはDHAやEPAが豊富に含まれているので予防に最適です。コレステロールや中性脂肪を減らして、動脈硬化を予防する効果していきましょう。ですが日頃どんなに食生活を変えても何か違和感があれば、すぐに医療機関に足を運びましょう。早めに受診や検査をすることによって、脳梗塞を早期治療することが出来るからです。先程挙げた症状の中で当てはまるものがあるのであれば受診をしましょう。医療機関では症状に応じて治療内容が変動しますので、行って検査をしながら医師にどういった治療内容なのかを確認すべきです。状態によってはすぐに治療が行われるケースもあるので、その点は知っておきましょう。

免疫力を高めます

病院

三大疾病である病気でもっと有名な病気にはがんです。この患者は多く、生死にも関わる怖い病気です。そんながんの治療方としてあるのが、樹状細胞療法です。これはがんの細胞に攻撃していく樹状細胞を利用した方法とされています。

詳しくはコチラ

最新がん治療法

男性

がんの治療法には、手術療法、薬物療法、放射線療法の3つが挙げられる。が、その3つには患者の身体への負担が少なからずあった。が、免疫療法の一つ「NK細胞療法」は、患者自身の免疫細胞を活性化させてがん細胞を攻撃するというもの。副作用などの患者の身体への負担が少なく、効果的な療法として注目されている。

詳しくはコチラ